2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2012年10月アーカイブ

本日は定期的に参加しております、警察病院での勉強会に参加しました。
テーマは妊娠中に気胸を起した患者さんについてでした。
お産の時にいきむと、胸腔圧が上がって気胸を誘発してしまうので、硬膜外麻酔を併用して管理するのがポイントでした。


 

2012年10月26日 15:07

Q,持病に喘息を持っているのですが、妊娠、授乳中にプレドニンを服用するのは問題ないのでしょうか。
発作時に吸入が効かないときに15-20㎎内服し、治まらないときは1週間ほど毎日内服することもあります。

妊娠中期で胎盤完成すると安全とは聞きましたが、授乳中はどうなのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

    
A,喘息を持った方が妊娠したときには、注意深く見守る必要があります。特に発作時に吸入が効果がないような事がおこる方は、呼吸器内科の専門の先生に診ていただく必要があると思います。
喘息発作は経過によっては死につながる病気ですから、多少胎児に影響があったとしても、喘息の治療を優先すべきと思います。

2012年10月13日 22:07

Q,プラセンタ注射で卵巣機能が良くなったりすると言うことをネットで見たんですけど、先生はどう思いますか?
周期3日目頃のFSHの数値が高くても排卵付近のエストラジオールの数値が200位あれば卵巣機能には問題ありませんか?

A,プラセンタ注射は更年期障害に関しては報告がありますが、不妊症治療に有効かどうかは報告がありませんので、卵巣機能が良くなるかどうかはわからないと思います。FSHの数値が高いのは確かに妊娠には不利ですが、エストラジオールの値が200あれば排卵すると思います。しかし妊娠するかどうかはまた別の話だと思います。

2012年10月 6日 11:01

ページの上部へ