2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年8月アーカイブ

Q,更年期についてです。生理不順などに悩まされるよりは、すみやかに閉経をむかえる方が、早く楽になれると思うのですが、巷ではエストロゲン様の作用があるもの(食事、ハーブ、アロマなど)を勧められるばかりで、かえって辛いです。早く閉経をむかえる方法ってないのでしょうか。
自分が更年期であるということが一番辛いのですけど、これが更年期うつというものでしょうか。かつて更年期うつで心療内科に行った人は、いっぱいお薬処方されて、起きられなくなったと聞きました。なので、病院選びも難しいです。本当は、更年期専門の婦人科があるとありがたいのですが、どこも産科と一緒で居心地が悪いです。


A,残念ながら早く閉経を迎える方法としては、手術で卵巣を摘出する以外には方法はありません。
女性ホルモンは女性を生き生きとさせる(ある意味若返りをさせる)ホルモンですので、はつらつとして更年期を乗り切りたい方にはホルモン療法がお勧めです。
更年期の鬱の診断は難しいので、抗うつ剤の選び方を間違えると起きられなくなるような方もありうると思います。

当院では産科の患者さんは診察の初めか終了時に来ていただくことにしています。
その時間をはずせば、産科の患者様と一緒にはならないようにしています。


 

2016年8月27日 14:31

Q,低用量ピルを飲んでるのですが、たまに足の腫れや飲む前に顔のほてりがあります。


このまま飲んでも大丈夫ですか?


A,ピルを飲んでいる方で一番気をつけていただきたいのは、静脈血栓症です。典型的な症状は、ふくらはぎが腫れて痛みが出ることです。
足が腫れるだけでしたら問題ありませんが、痛みが出てきたら処方された医師にすぐに連絡してください。

 

2016年8月20日 07:41

Q,低用量ピルを飲んでるのですが、セントジョーンズワット以外で飲んではいけない薬はありますか?

A,セントジョーンズワートはストレスのために体調を崩している方に勧められるサプリメントで、薬ではありませんね。この成分は低用量ピルに干渉するので、同時期に摂取することは勧められません。

同時に内服するとまずい薬剤はステロイド剤などいろいろありますが、ほかの科を受診するときには、処方される医師に「ピルに影響の出ない薬を処方してください」とお願いしてください。

2016年8月 6日 07:41

ページの上部へ