2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2013年1月アーカイブ

製薬会社の人たちの中にはMRと呼ばれる人たちがいます。
この人たちは医師に自分の会社の製品についての情報提供をするのが役目なのですが、診療内容についても勉強をする必要があるので、会社の中で勉強会を開かれています。
17日に私は、とある製薬会社に出向き、「当院で行っている不妊症治療について」という題で講演をしてまいりました。
不妊治療の中でも体外受精に至るまでの不妊症治療について講義をさせていただきました。
みなさんにとても熱心に聴いていただけたので、お正月返上でスライドを作成した甲斐がありました(笑)

2013年1月23日 11:54

Q,はじめまして。赤ちゃん連れで受診したいのですが、待ち時間はどのくらいでしょうか。
他院で2時間以上待ちますといわれて、赤ちゃんが待ちきれず号泣して診察を受けられなかったので心配しております。

A,私どものクリニックは平日の夕方と土曜日の午前中は混むことが多いのです。
ですから赤ちゃんを連れてこられるのでしたら、平日の午前中に来られたらいいと思います。
ただし木曜日の午前中はお休みですので、お気をつけください

2013年1月19日 14:58

Q,妊娠初期(5週前半)に、高速バスで6時間(途中休憩は5回取りました)移動したのですが、振動が子宮にまで届いているのではないかととても不安になりました。 現在出血等はなく過ごしています。

長時間の振動が、胎児の奇形や、脳に影響したりはしないのでしょうか?

A,一般論でいえば、妊娠初期には流産をおこしやすいので長距離の旅行は控えるように指導されると思います。
しかし出血などの兆候が無いのであれば、旅行の振動が胎児の奇形や脳への影響は心配しなくてもいいと思います。

 

2013年1月14日 16:59

あけましておめでとうございます。

年が明けるたびに自分の体力の衰えをどのようにカバーするか?という問題に直面します。
数年前までは、日曜日にテニスやゴルフをすることで体力を維持できていました。
しかし最近はこれだけでは体力の維持が難しいと感じるようになり、昨年から筋力トレーニングを週に1回取り入れるようにしています。
内容は今はやりのコア・トレーニングというものですが、頭脳を若く保つためには体も 
若くなくてはいけないと思って、これに取り組んでいます。

昨今は自分のかかりつけ医を持つことが推奨されていますが、
若い女性には月経痛や
不妊症などで関与し更年期の女性にはホルモン療法でかかわっている婦人科医は
かかりつけ医になるにも適していると思います。
そのための勉強を今年も昨年以上に取り組んでいきたいと思っています。

本年も宜しくお願いいたします。

 

2013年1月 7日 16:32

ページの上部へ